申年の梅・・・さしす梅干し


こんにちは~058.gif

最近は遅れてばかりのブログですが、

変わらずご来訪を頂いて、イイネも下さって有難うございます。

本当に有り難く、感謝をしております。053.gif


さて、庭の梅・・・今年は全部を梅干しとして漬けました。

雨が降り出すと傷んでくるので、

6月5日。 少し早めの収穫をして、計って見ると5キロ程ありました





b0053765_21541750.jpg







今年はインスタグラムで見かけた・・・

お酢とお砂糖を使った『さしす梅干し』も試してみました。



↓ 先ずは収穫をした梅を一晩水につけてアクを抜き、

塩漬けの方は、ヘタの汚れを取って重石をして漬けます。

梅酢が上がってきたところで、

用意をして置いた紫蘇玉を乗せて、土用干しを待ちます。

さしす漬けは漬け込んで直ぐに紫蘇玉を乗せました。






b0053765_21552770.jpg





↓ 右が、『さしす漬け』です。







b0053765_21583259.jpg



7月29日。 梅雨明け宣言と同時に・・・

昔から言うではありませんか! 梅雨明け10日。

急げ!急げ! 庭に広げて干しました。





b0053765_22270748.jpg





今年の梅も赤紫蘇たっぷりです。(^_-)

一日良く晴れて、梅酢の入った瓶も一緒に日に当てて・・・




b0053765_22295617.jpg





午後3時。 その熱くなった梅酢の中に干していた梅を一度戻して一晩。


翌日も再度干して、夜露に当てました。

所が、、甘い『さしす漬け』の干し笊に蟻が寄ってきたので、

慌てて空にした瓶に取り込んで、翌日ベランダで干すことにしました。

ここで二日一晩。(^_-)

翌日干す筈が・・・どうもスッキリとしない天候。

「梅雨明け10日」の言い伝えは何処へ?


その瓶を眺めつつ、天候と諸々の予定と、にらめっこの日々が続き。039.gif





b0053765_22411277.jpg





やっと三日干しが出来たのが・・・8月6日でした。

ここでも夕方から天候が怪しくなってなってきたので、瓶に戻しています。






b0053765_23021308.jpg




今年は早めの収穫だったこともあって、少し硬めだったので、

その後晴れた日に、一日瓶に詰めたまま日に当てたのが、↑の梅干しです。

ここでやっと、柔らかな梅干しになりました。



今年は申年。 

申年の梅干しは・・・「難が去る」と言って縁起物の梅干しなのだそうです。

12年に一度の縁起物053.gif053.gif053.gif

次の申年には、私は80代半ば。クスッ  作っているでしょうかしら~037.gif

妹と母にも分けて、後は大事に頂きましょう。


◎レシピ

『さしす梅干し』

*梅2㎏  *ザラメ600g  *塩200g  *リンゴ酢8cup

結構な量のお酢を使うのでビックリ。005.gif

甘めの梅酢が沢山出来ました。(^_-)


何時もの『塩14%の梅干し』

*梅2.8㎏  *塩392g


インスタグラムでの情報で始めて作ってみた『さしす梅干し』

夫からは好評です。049.gif


毎年の梅仕事は・・・

右タグの『梅』から、シロップやコンフィチュールの記事もご覧頂けます。





by canape2 | 2016-09-02 09:18 | キッチン | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://couleur2.exblog.jp/tb/26159162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nenemu8921 at 2016-09-06 00:44
こんばんわ。
わあ、すっぱそう! 生唾をゴックン。
本当はきっと程よい塩加減なのでしょうね。
もう、何年も梅をつけていません。
Commented by canape2 at 2016-09-06 23:24
nenemuさん こんばんは~
見るからに・・・わぁーーーっ! すっぱ!(笑)
この画面を見て下さっている皆様の、
お顔も見えるようです。
さしす梅干しは、思っていたよりも酸っぱかったです。
今年の梅は縁起物だそうで、
全部を梅干しにしてしまいました。

芸祭! 凄い迫力でしたね。
nenemuさんのお写真が又、臨場感たっぷりで!
若さが溢れて、どこのお祭りよりも魅力的でした。
来年! 伺えるようでしたらご一緒したいです。
*かなっぺ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。