ノビル(野蒜)の花

これはノビルの花。
家の庭に植えたはずのないノビルがある時ヒョッコリと葉を伸ばしました。
気がつけが細い茎の先に丸い青い玉が・・・

b0053765_2224368.jpg


其れが段々と茶色に変化をして、私は其れが種だと思いました。その種らしき間から可愛らしい蕾。
 2003年 6/03 撮影




 

そして、1週間後・・・ 

b0053765_654132.jpg


b0053765_1272454.jpg




皆様のお近くで「ノビル」を見かけたら是非お見逃しなく。此のお花を始めて見た私は感動ものでした(^_^)








古事記に「野蒜(ノビル)摘みに蒜摘みに・・・」と言う記述があるようにノビルは万葉の時代から美味しい食材であった。
万葉集に次の歌がある。「醤酢に 蒜搗き合てて 鯛願う 我にな見えそ 水ネギの羹」(酢味噌和えのノビルがあって、鯛とおまけに水ネギのお吸い物があれば最高なんだけど!)。
現在でも鱗茎をゆがいて酢味噌(すみそ)で食べるとネギに似た辛味とニラに似た香りのする美味しい山菜となる。
ノビルは中国から渡来した史前帰化植物で、食材と同時に民間薬としても広く用いられた。乾燥したものを煎じて飲めば血を補い、よく眠れ、又鱗茎をつぶして塗ると虫刺され、かゆみ等の薬になった。
ノビルの名の由来は野に生える蒜(ヒル)から来ている。蒜はネギやニラ等のにおいがあって食用とするものの総称で、食べるとヒリヒリする事から来ていると言われている。
花は写真(下段左)に見るように薄紫がかった白い花を咲かせるが、花頭はほとんどがムカゴ(珠芽)になってしまい、花を見る事はなかなか難しい。同じ仲間のニラ(中央)やニンニク(右端)は花をいっぱい付ける。
万葉の食卓に思いをはせさせるユリ科ネギ属の花である。
    『野の花散歩』さんより転載させて頂きました。

by canape2 | 2005-05-14 18:52 | ┣ 春(3月~5月) | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://couleur2.exblog.jp/tb/2725686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by the_big_blue at 2005-05-14 22:15
ノビルってもしかして、根っこのところにちいさい玉ねぎみたいなのが出来るあれかしら?今日、食べたけど。。。(笑)。

とても美しい、そして精巧に出来たお花ですね。一つ一つがとても小さいのにちゃんと出来ているのに感動しました。
Commented by かなっぺ at 2005-05-14 22:53 x
the_big_blueさん、こんばんは~
以心伝心ですね~ 何となぁくこのお花の事が今日は気になって(^_^)
そう、ピリッと辛いあれですよ~  伸びるという語呂合わせでお祝い膳にも使うようですが・・・
下の写真の茶色い粒々がムカゴで、地面に落ちて新しい芽が出るのですって。
本当にピンクがかった薄紫の綺麗なお花でした。
Commented by the_big_blue at 2005-05-15 13:21
うれしいわ、あの子たまねぎみたいなものにこんなに素敵なお花が咲くなんて。いつか本物を見てみたいです。

花屋さんにあるお花より、野の花というか、路傍の花とういか、雑草の花というか、ああいうお花が素敵だと思います。
Commented by canape2 at 2005-05-15 21:08
私もこんな素敵なお花が咲くなんて知らなかったので、これは絶対に皆様にも見て頂きたいと思いました。
細い茎の先に咲いて、風に揺れる様もまた・・・素敵でした♪
the_big_blueさんにも喜んで頂けてとっても嬉しいです~

野に、山に咲くお花たち。そのお花が見たくって昔は山登りをしていました。
自然の中で咲くお花達。何時までも忘れられません☆
Commented by gie_bog at 2005-05-15 21:55
最近通園途中でこの蕾を見つけて、楽しみにしていたところ。
これがノビルだったんですね~!
こんな綺麗なお花が咲くなんて、更に楽しみになっちゃいました!
Commented by かなっぺ at 2005-05-16 20:33 x
GIEちゃん、こんばんは~
わぁ~ 蕾を見つけたんですね~
咲いた時を逃さないようにね~ カメラをお忘れないでね(^_^) 
ん?携帯?
でも此れにはルーペが必要よ~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。