カテゴリ:┣ 安房・上総界隈( 22 )

南総金谷で見たもの

東京湾フェリーの発着港となっている金谷。 以前に上っている鋸山の麓にある町です。

其処に一泊して翌朝~  

前日の雨が嘘のように晴れ上がっていたので、朝食前に港までのんびりとお散歩。町歩きです。


細い道を下って行きつつ・・・





b0053765_21532064.jpg





苔むした石塀の続く細い道~







b0053765_21543581.jpg





アロエも露地で咲き・・・







b0053765_21553664.jpg





鋸山の麓。

石の町の石窯ピザのお店の案内をみたりしながら・・・


2005年の鋸山の記事はこちらから。(^_-)






b0053765_21583100.jpg






小さな漁港の方へ向かって行ってみると、↑の画面の左手に・・・








b0053765_21595321.jpg





何やら、奥の方で湯気が立っているのが見えます。







b0053765_22012679.jpg





近寄ってみると・・・何か?茹でている様子。







b0053765_22030138.jpg





此処は、ひじきの名産地!  とか。







b0053765_22040079.jpg




茹でたてを一面に広げて天日干し中~


茹でたてを一口頂きました。  

とーーーっても磯の香りが豊かでお味も濃かったです。


このような光景は、度々あるものでは無いようで。 ラッキーな出会いでした。







b0053765_22084780.jpg


 



お話をしながらも、せっせと運び干して、一面に。

この正面に、割に大きく富士山が見えているのですが・・・

この日は霞んでしまって。 ぼんやり。


フェリーの着く方には、ショッピングセンターもあるようで、

次回には立ち寄って、「金谷産ひじき」を頂きたいと思いました。


千葉の海岸に沿った町は、交通も不便で、何処も過疎地化。

人気の少ない中を・・・トコトコ。 

のんびりゆったりと、心癒やす二日間でした。






by canape2 | 2015-02-24 22:24 | ┣ 安房・上総界隈 | Trackback | Comments(4)

早春の大山千枚田(2)

こんばんは~

さて、早春の大山千枚田(1)の続きです。

此処には、あちこち千枚田の間をウロチョロしながら、気が付けばカメラを抱えて1時間半ほどのお散歩を楽しみました。

時期的に、未だカメラマンの集まる時では無かったので、時折通る地域の方の作業の車が通る程度で、

殆ど人気の無い静かな千枚田・・・






b0053765_22552497.jpg






b0053765_22592180.jpg







b0053765_23005019.jpg








b0053765_23031848.jpg







b0053765_23040885.jpg








b0053765_23044665.jpg






聞こえるのは鳥の囀りだけ・・・

何とも長閑な世界でした。


2011年の2月4日に訪れた時の・・・大山千枚田。

↑ 枯れた藁を焼いて、荒起こしの準備中でした。

その時に、再度季節を変えて。 と思っていましたが、早くも4年を過ぎ。

次回は水を張った時に。 と思いますが、ヒョイと気軽に行ける距離でも無く。

どうでしょうね~


沢山のイイネemoticon-0152-heart.gifを有難うございます。


そして昨年の暮れだったか? 応募していたフォトコン。

入選して、大袋入り賞品を頂きました。emoticon-0136-giggle.gif ←そこって?

はい。重かったです。



2015 CRYSTAL BALL × FES



photo NOW 2007 by usa104さん

EAM PHOTO by eamuuさん

*micamelife* by mikaさん


後、一週間です。

私は、へなちょこですが、、皆様素晴らしいです。!

28日には、盛り上がりましょう~♪

楽しい企画を有難うございます。






by canape2 | 2015-02-22 23:27 | ┣ 安房・上総界隈 | Trackback | Comments(4)

早春の大山千枚田(1)

こんばんは~emoticon-0152-heart.gif

昨日と今日~ 一泊で房州へ行って来ました。

写真は、今日~ 立ち寄って来た・・・早春の大山千枚田です。






b0053765_19581592.jpg



既に、田起こしもされ、水を張られた田もあり・・・

春の兆しは、あちらこちらに。




今回は、千葉周りで、高速を東金道から館山動に乗り・・・

途中、木更津からアクアラインに乗って『海ほたる』に立ち寄り、富津金谷まで。

目的はたった一つ。 高足ガニを頂くことでした。(笑)

なので、一日目は雨が降ろうが槍が降ろうが、、 関係なく。 emoticon-0156-rain.gifの中を、ヒタ走り。

お腹一杯に蟹を頂いて、早い就寝。  

emoticon-0156-rain.gifならば、再度、高速を走って帰宅する予定でしたが・・・

今朝起きてみると・・・emoticon-0157-sun.gif  朝食前に、金谷港を散策し、

朝食後、9時にチェックアウトして、

先ずは、直ぐ近くの、小説にもなっている、喫茶店『岬』に寄ってみる積りでした。

が、細い入り口をうっかりと見過ごしてしまったので、

そのまま南下し、保田で長狭街道(県道34号)に入り鴨川まで。

その丁度、真ん中辺りで、大山千枚田への看板が立っている所を左折。 

そのまま一本道を直進で千枚田に着きます。

此処で、一時間半程を、歩き回り・・・鴨川へ向かいました。

時間的には、未だ館山まで周る余裕もあったのですが、

明日は東風庵も東京。 無理をせずに早めに帰路に就くことにしました。


まだ、今月の始めに行った、新潟・弥彦山の記事もアップ出来ていないのですが、

↑は・・・越前ガニが目的でした。 食べ物ばかり。emoticon-0136-giggle.gif


少しずつアップして行きたいと思っています。

どうも間の抜けた・・・ブログですが。

ゆるりとお付き合い下さいませ。emoticon-0155-flower.gif






by canape2 | 2015-02-19 20:12 | ┣ 安房・上総界隈 | Trackback | Comments(6)

いすみ鉄道(1) ムーミン列車

さて・・・大山千枚田から、一度海岸に出て、
清澄養老ラインを走り、小湊鉄道との乗換駅となる上総中野駅へ。

そこには丁度小湊鉄道の電車が入っていて、いすみ鉄道の到着を待っていました。

10分ほどで、踏切りの鐘が鳴り・・・菜の花色の『ムーミン列車』がやってきました。



b0053765_20523632.jpg




b0053765_20542362.jpg



入ってきたのは、自由と孤独とを愛する旅人・・・スナフキン。

6両のムーミン列車が走っています。 

6種のヘッドマークはこちらにありました。(^_-)-☆




b0053765_20555299.jpg




b0053765_20564989.jpg



このいすみ鉄道は・・・沿線自治体などが出資する第三セクター方式で運営されています。
赤字が続き廃止の危機にありましたが、社長一般公募での経営努力もあり、昨年の8月に存続が決定されています。


外房大原駅に向かって、出発~



b0053765_2173991.jpg



この後、沿線沿って、所々の駅に寄りながら大原に向かいました。


      ・・・続く

by canape2 | 2011-02-10 21:09 | ┣ 安房・上総界隈 | Trackback | Comments(6)

春を待つ・・・大山千枚田

4日、立春の日に・・・千葉鴨川にある大山千枚田と、いすみ鉄道沿いの景色を見てきました。

ちょっと遠出になりますので、朝の7時前に家を出ました。 

暦が立春を迎えたと同時に気温も上がって、どことなく春気分。♪  

柔らかな光に、途中~ 春の朝靄に霞む九十九里を先ずは眺めてからと言う事になり、刑部岬に立ち寄ってみました。



b0053765_20481132.jpg



ほんの昨日まで、この冬の寒さに震えていたのが嘘のような、明るく柔らかな朝の光です。


此処からは只管、外房の海岸線に沿った道、国道128号を南下。

大原、御宿、勝浦を過ぎて、鴨川から長狭街道を保田に向かって入って行くと、ほぼ房総半島の真ん中あたりに行ったところに、「ここを入ると大山千枚田」という看板が見えてきて、そこを左に折れて道なりと言うか、、カーナビの案内に従って奥へ進んで行きました。

すると突然目の前に、一面の棚田が見えてきます。 それが、大山千枚田でした。



b0053765_21151167.jpg



と言っても、その存在を知ってはいましたが、行ったのは今回が始めて。

千葉県内は、結構どこへ行くのも一般道をトコトコと不便なので、行く気はあっても、遠いのです。

やっと訪れた棚田です。


棚田で春の農作業に向かって、野焼きが始まっていましたよ。



b0053765_21204299.jpg



空に向かって立ち上る煙り・・



b0053765_21214150.jpg




ここにはNPO法人『大山千枚田・棚田保存会』と言うNPO法人の管理棟が建っていて、この棚田の保存のために、色々なプログラムを組んで支援活動をしているようで、宿泊施設のことなど、立ち寄って伺ってきました。



b0053765_21241880.jpg



道筋も時間も、今回行って良く分かったので・・・

棚田に水が引かれ、田植えの始まる頃に、又ゆっくりと訪れたいと思っています。


この後、いすみ鉄道の上総中野駅に向かいましたが・・・トホホノホ(笑)

房総の山中~ 道は昔と少しも変わっていませんでした。emoticon-0107-sweating.gif


予告をしながらアップが遅れてしまって、ごめんなさいね。

いらして下さってありがとうございます。emoticon-0152-heart.gif

by canape2 | 2011-02-07 21:34 | ┣ 安房・上総界隈 | Trackback | Comments(2)

千枚田&いすみ鉄道

今日は、鴨川市にある大山千枚田と・・・



b0053765_2126747.jpg



一度来た道を戻り、そのあと横に半島の山道、、

二度と通りたくないemoticon-0107-sweating.gif 清澄養老ラインを通って・・・

怖かっです~~ ブルッ 



b0053765_21362998.jpg




いすみ鉄道の可愛らしい駅に寄りながら房州を一廻りしてきました。



b0053765_2135963.jpg



帰りには美味しい鮟鱇鍋も頂いてきましたが、疲れました、、  

詳細は、何時もの事ですが、ゆるりとアップしてまいります。(^_-)-☆

by canape2 | 2011-02-04 21:41 | ┣ 安房・上総界隈 | Trackback | Comments(0)

坂東第三十一番札所・・・

今日は房総半島のど真ん中と言うか・・・長南町にある坂東三十一番札所へ行ってきました。

寺院のHPでは、そろそろい紅葉も始まっていると言う事でしたが、関東も千葉近辺では常緑樹が多く、紅葉を愛でるには今一つ。。

しかし、今回も深い樹林帯の中を・・・一歩一歩。



b0053765_19542432.jpg



振り返ると可なりな階段ですが、前回を考えたら・・・軽いお散歩でしたよ。プププッ



b0053765_1957550.jpg



マイナスイオンを浴びつつ、パワースポットへ向かいます。emoticon-0105-wink.gif



b0053765_19592526.jpg



↑ 三枚ともクリックで拡大します。(^_-)-☆

この続きは・・・先日の滝川渓谷の記事が済んでからにしますね。

はい。 もちろん御朱印は頂いてきましたよん。

by canape2 | 2010-11-19 20:03 | ┣ 安房・上総界隈 | Trackback | Comments(0)

下の記事の追記

ずっと下の記事(^^ゞ   『安房・・・洲崎』 を追記しました。

これで今回の、『房総半島一周~ 安房の旅』 は終わります。(^_^)

カテゴリの中の・・・
『安房・上総界隈』(←此方からも)で、纏めてご覧いただけます。遅くなりましたが宜しくお願い致します。

by canape2 | 2008-04-15 02:36 | ┣ 安房・上総界隈 | Trackback | Comments(0)

安房・・・洲崎

先ずは・・・洲崎神社
「すのさき」と読みます。・・・これまで、「すざき」とばかり思っていました。(^_^)

鳥居が通りから少し奥に入っているので、気が付かずに通り越してしまいそうな神社ですが・・・
この地・・・一の宮となっているらしい、由緒ある神社です。


b0053765_21293366.jpg


参道の階段は、説明を読むと・・・ 「厄祓坂」 とありました。百数十段の階段を見上げて、止めようかとも思いましたが・・・坂を上るだけで厄祓いが出来るのならと、頑張りました。(^O^)

階段を上がった奥に本殿があります。 本殿には・・『安房国一宮大明神』の額が掲げられていました。

鎌倉時代に、安房に逃がれた源頼朝が、戦勝と源氏再興を祈念して神田を寄進、後、妻政子の安産を祈願した様子が、「吾妻鏡」にも出てくるそうです。後に里見氏も崇拝し、江戸時代には老中松平定信が「安房国一宮 洲崎大明神」の扁額を奉納したことが、一の宮と言われる所以となったようです。
社殿は御手洗山の中腹にあり、御手洗山はご神体山として神域だった為、斧が入らない自然林として、極相林の典型が残る「千葉県の天然記念物」に指定されています。


b0053765_1471318.jpg
 


この神社から少し海岸沿いに進んで行くと・・・

洲崎(すざき)灯台に出まが、手前にある野島崎と違って、殆ど人気がありませんでした。




b0053765_2143116.jpg


この後・・・先日行った『崖観音』に立ち寄り、菱川師宣記念館へ。
その後・・・昼食をとって、そこから鋸山に向かいました。 鋸山へはロープウェイで上がり、頂上に出て、そこから更に山道を上り下りして、あの『百尺観音』へ。 更に進んで『地獄のぞき』までを往復して、再度ロープウエィで下に降りました。

うふふっ 私だけが・・・地獄のぞきは、パス。 だって滑って転んだら大変ですもん、、弱気。

今回の安房の旅は此処で終わり、其の後・・・知人ご夫妻を君津駅までお見送りをして、私たちは千葉回りで高速を通って(高速を下りてからの距離と時間。距離は半分。時間は2倍。高速を通して欲しいです)帰途につきました。

今回も又、人生の先輩にあたる知人ご夫妻の温かさに触れて、楽しい旅をご一緒させて頂きました。 
                 
                  次回も楽しみに。♪~

by canape2 | 2008-04-12 21:44 | ┣ 安房・上総界隈 | Trackback | Comments(0)

伝説の島 仁右衛門島(4)

さて、↓(3)奥庭を見学して、家の裏側に周っ下って行くと・・・ 

先ず、鈴木真砂女さんの句碑が建っています。


b0053765_13564795.jpg



あるときは 船より高き 卯波かな

鈴木真砂女


真砂女さんは千葉・鴨川出身の俳人です。
東京の銀座で永い間、小料理屋さんを営み、同人誌で拝見する俳句は、
人生を深く詠んだ、素晴らしいものでした。
 
鈴木真砂女・・・追悼の記 佐藤弘弥氏



其の近く、海岸に立つ大きな岩には注連縄が張られていましたが・・・


b0053765_1493735.jpg



『神楽岩』

日蓮聖人が島を訪れた際に旭を拝したとされる場所で、

現在でも霊地として信仰されているようです。


そこから更に周りこんで木立の中に見える祠・・・


b0053765_1438190.jpg


『頼朝の隠れ穴』

1180年、戦に敗れ安房へ逃走した源頼朝が身を潜めたとされる洞窟で、

その隣には江戸時代にまつられた正一位稲荷大明神の神社があります。

島の主である平野仁右衛門は、このとき源頼朝に便宜を図ったことから、

後の鎌倉幕府時代に周辺一帯の漁業権を得たとされています。


もっと、見る・・・(^_-)-☆

by canape2 | 2008-04-10 14:34 | ┣ 安房・上総界隈 | Trackback | Comments(0)