滝川渓谷からの帰り道・・・奥久慈の里&語句検索(^_-)-☆

もぅ~ すっかり下の記事になってしまいましたが・・・あの滝川渓谷 
往復とも同じ道となりますが、帰りは奥久慈の里を“道の駅”などに寄りながら、のんびりと帰ってきました。



b0053765_22133077.jpg



朝起きて宿の周りを歩いてみると、植物に霜がおりていてビックリ。

暖地のこちらでは、暖冬続きのここ数年、霜など見た事もないのですもの。

帰りに寄ろうと思っていた“道の駅”は・・・『天領の郷・道の駅はなわ』

福島県塙町にあります。

道の駅の裏側の広い河川敷は、

春になると見事なお花畑になるらしいのですよ~

此処で何時もの如く、ご当地名産物を購入~ 



ここから、茨城県里見町向かって南下します。

『古民家の里・里見』という看板を見ましたが・・・街道筋に見る家々~

新たに屋根だけを葺き替えた、どーーーっしりとした古い家屋!!!

下りて写真を撮りたかったのですが、

昔の細い道を結構トラックも走ってきて、車を止められず、、
(東風庵、こういう時は・・・迷惑を掛けるからと、突っ走ります。。(^_^;))


で、しばらく走って・・・何もない所で車を止めて、奥久慈風景を散策~



b0053765_22394366.jpg



静かな後山をバックに、ススキの穂が輝いて美しかったです。


ここから行きに写真を撮っていた・・・『かかし祭りの里見』へ。



b0053765_22464612.jpg



b0053765_2247222.jpg



この道の駅の傍の“きのこ館”で購入してきた・・舞茸~ 

とても美味でしたよ~emoticon-0148-yes.gif  

綺麗に乾燥された“干し舞茸”も、そのままお味噌汁に入れてgoodでした。



で、確か昔、349号線を走った時には・・・

この辺り(日立)は、もっと細い道だったような記憶があって、

そこに『玉簾滝』という滝があったのです。 で、カーナビで見てみると、

昔の349号に戻る道があったので、寄ってみました。



b0053765_2320432.jpg



この滝・・・昔は傍の「玉簾寺の観瀑台」から、もっと近く観られたのですが、

今では、その観瀑台も倒れそうになっていて立ち入り禁止に。

道路から木立越しに見るだけになってしまっていました。



b0053765_23245166.jpg



その後は・・・スイスイと何時もの鹿島灘添いの道を南下。

3時近くには、いつもの「カシマサッカースタジアム」の脇を通り・・・



b0053765_23323817.jpg



途中で夕食を済ませ、帰宅しました。emoticon-0100-smile.gif


前の記事から大分飛んでしまいましたが・・・

右のカテゴリの『滝川渓谷』からでしたら、続けてご覧いただけます。(^_-)-☆


今日は・・・

単に、今年旅行した先の写真を集めただけの物になってしまいましたが、

来年用の年賀状のデザインも出来上がったので、ガチャコンと印刷をしていました。


それとね、最近・・・語句検索の『干しリンゴ』や『ゆずピールレシピ』で、

GoogleやYahooから多くの方がいらして下さっているのです。

Googleでは、どちらも・・・トップページのトップにありましたよ。

お時間がおありでしたら、検索をおかけになって見て下さいね。(^_-)-☆

記事数(現在2343件)も大分多くなってきていますので、

他の語句(蛸のやわらか煮とか、石けん記事など)からも、

いらして下さる方が沢山いらっしゃるので、驚いています。

少しでもお役にたてているのでしょうか? 心配。。(汗)

by canape2 | 2010-12-17 23:37 | ┣ 滝川渓谷(福島) | Trackback | Comments(2)

滝川渓谷8丁目~頂上へ・・・そして猫啼温泉へ

さて、いよいよ滝川渓谷も、8丁目にある『銚子の口滝』に辿り着き、山頂間近になってきました。


↓ 全ての写真がクリックで拡大します。(^_-)-☆


b0053765_1032675.jpg



上2枚が、その『銚子の口滝』の上部です。 

この場所からは多分下の部分は見えなかった? と言う事に。

モミジと滝の絶好~ 撮影ポイント!  しかし、紅葉には未だ少し、、

頂上からなら、又、ゆっくりと来られると思って、先を急ぎました。(^_-)-☆


此処を過ぎてやっと、なだらかな流れの遊歩道となりました。emoticon-0102-bigsmile.gif emoticon-0148-yes.gif


頂上近くの木々は紅葉し始めていて、その風景を眺めつつ、

大きな岩を回り込んだ先に見えたのが・・・おおおーーーーーーーーっ!!!

ここで、pm2時45分。 渓谷の入口を出発してから3時間半を経ていました。



b0053765_10432985.jpg



着きましたよ~  ヤッホーーーーッ emoticon-0159-music.gif  山頂の店『滝川の里』 

しっかりと、『十割そば』の幟旗も見えています。emoticon-0152-heart.gif

お店の方に伺ってみると、タクシーも頼んでから2、30分はかかると言うので、

お蕎麦の注文と同時に、タクシーの方もお願いしました。

40分ほどしてやって来たタクシーで、入り口駐車場まで戻ると、

 「アカモミタケ」の取り置きをお願いしていたお店の方も、店仕舞いをした後も、

私たちの帰りを待っていて下さって、

『秘境の渓谷』というフレーズに興味が湧いて訪れた滝川渓谷。

本当に有難く、良い思い出になりました。emoticon-0152-heart.gif

ps. この滝川の里の営業は夕方の5時まで。 2月と3月は休業です。
タクシーも台数が少ないようで、待ち時間はその時々で? 何時になるか?(^_^;)


その、夕暮れ時となってきた滝川後にして・・・

宿を取っていた、猫啼温泉に向かいました。 ここへは・・・

R349号を水郡線に沿ったR118号の出て、家路とは反対の須賀川方面に北上します。



b0053765_11153833.jpg



泊まったのは・・・猫啼温泉の『井筒屋』

こじんまりとしたお宿で、お掃除も行き届いていて、

お部屋がピッカリと明るくて◎~ ←うす暗いと、不潔な感じになりません?

露天風呂からは、久しぶりに・・・冴えた夜空に輝く、オリオンの三ツ星を眺めました。emoticon-0171-star.gif

お料理は、今は頂き過ぎると、後が大変なので(苦)、、 控えて、控えて。。(笑) 


翌日は・・・のんび~~~りと、福島と奥久慈の道の駅巡りをしながら、

里山風景を楽しんできましたよ。

それは、次に続きます。(^_-)-☆

by canape2 | 2010-11-17 11:41 | ┣ 滝川渓谷(福島) | Trackback | Comments(0)

滝川渓谷6丁目~8丁目へ

こんばんは~

昨日は・・・『そよ風になって~add』へも多くの方がいらして下さって有難うございました。

わざわざ、周って下さって。 と~っても嬉しいです。emoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif


さて、今日は昨日の続きです。(^_-)-☆

入り口で頂いたパンフレットには、6丁目から8丁目の間に『せせらぎの滝』と『乾杯の滝』二つの滝が紹介されていますが、沢づたいと言うか、滝の連続する谷筋の川を、アップダウンを繰り返しつつ、ひたすら頂上に向かうコースでした。

↓ 全部の写真がクリックで拡大します。(^_-)-☆



b0053765_20305564.jpg



以前はもっと簡単な橋が架かっていただけのようですが・・・・

がっしりとした立派な橋に架け替えられていました。



b0053765_20402210.jpg



うっそうとした、うす暗い樹林帯の中・・・岩石も苔むしていて、

雨量の多い時には通行不可能になるのかも知れませんね。emoticon-0138-thinking.gif



b0053765_20524035.jpg



この辺りで・・・pm2時30分頃。

秋の日暮れは早く、頂上にある茶店に遅くも3時には着きたかったので、

後半の写真は・・・

単に首にぶら下げたカメラでパシャパシャ撮っただけの、

ピンボケ写真ばかりでした。emoticon-0107-sweating.gif  まさか?カメラが壊れている?


この後、8丁目にある・・・『銚子の口の滝』前に出て、頂上にある茶店まで。

もぅ~少しなのだから~ 頑張らなっく~っちゃ~ 

と、自分に言い聞かせつつ。  次に続きます。

by canape2 | 2010-11-16 21:08 | ┣ 滝川渓谷(福島) | Trackback | Comments(0)

滝川渓谷3丁目~6丁目へ

まぁまぁ、、 ここは滝の連続!  Falls on parade でございました。emoticon-0105-wink.gif

アルバムを眺めているだけで、ゼイゼイ、、と息切れがしてくるような渓流歩き。(笑)

なので、この先10丁目まで・・・12枚の小アルバムにして、順を追ってササッと行ってしまいましょう。


前記事の2丁目から続きます。

全ての画像・・・クリックで拡大します。(^_-)-☆



b0053765_20503848.jpg



↑ 2枚は・・4丁目辺りを進んで・・・

5丁目にある『みすじの滝』へ。



b0053765_20522325.jpg




5丁目・・・pm1:06分。  出発から1時間半ほど。

ここから、渓流に添った山道を6丁目に向かって・・・ひたすら。emoticon-0136-giggle.gif



b0053765_20535896.jpg



多分、↑の写真の前後に余り写真が無かったので・・・

キツイ上り下りが、あったかも知れません。

右下の写真の所で・・・pm1時40分。emoticon-0136-giggle.gif 

半分を過ぎた辺りで2時間弱掛かっていて、少し焦りました。


そして6丁目の『せせらぎの滝』を眺めつつ、7丁目へ。

by canape2 | 2010-11-15 14:20 | ┣ 滝川渓谷(福島) | Trackback | Comments(0)

滝川渓谷2丁目へ・・・大岩の滝と?

岩石のゴロゴロと積み重なった間を縫うようにして、滝川沿いの道を進んで行きます。

目の前に現れた・・・大岩の滝



b0053765_2237175.jpg



先々・・・滝ばかり。(笑)



b0053765_22401013.jpg



↓ 橋の下の滝・・・これはどうも? まだ鋸歯の滝ではないらしい。

後で良く確認しますね。



b0053765_22441044.jpg




b0053765_2248126.jpg



フッと足元から目を離して空を見上げると・・・渓流を包みこむように深い木立~


b0053765_225016.jpg



危ない!!!  足元注意。emoticon-0105-wink.gif



b0053765_22543011.jpg



このような道がこの先も・・・続きます。


拡大した写真を・・・ こちらにもアップしております。(^_-)-☆

by canape2 | 2010-11-10 22:57 | ┣ 滝川渓谷(福島) | Trackback | Comments(4)

滝川渓谷1丁目・・・おぼろ滝へ

さて、滝川渓谷プロローグとダブりますが・・・emoticon-0105-wink.gif


いよいよ11時20分~ 滝川渓谷を上り始めました。

上り始めた時間が少し遅かった感じもありますが、遊歩道ともあり、下りはタクシーを頼めればそれで下ってもと思っていたので、足拵えだけはトレッキング用シューズもしっかりと履いて行きましたが、まぁ~奥入瀬渓流程度か?もぅ~少し長い歩きになる程度?と言った、割に気楽に考えていた渓谷歩きでした。



b0053765_1443957.jpg



↑ 右上から順番通りに・・・

(1)の遊歩道入口から入り、高い木立の林の中を進んで行くと・・・

直ぐに大きな石のゴロゴロとした滝川の脇道を行くようになります。

以前此処を通った方の写真を拝見すると、川を渡るのは細い吊り橋でしたが、

今回行ってきると、殆どの橋がガッチリとした立派な橋となっていました。

(6)の写真、矢印の先にチョコッと見えているのが・・・渓谷一丁目にある、『おぼろ滝』です。



b0053765_1429237.jpg




b0053765_14305234.jpg



ここまで、ほぼ20分~

↑の写真から少し上がって・・・その『おぼろ滝』 を~



b0053765_1519572.jpg



この流れる落ちる滝の写真が撮りたくて行った渓谷。



b0053765_1649105.jpg




と、ところが・・・ここでアクシデントが。 はぁ、、

入口駐車場で、上から下りてくるツアーの方達を待っている大型バスがありました。 

その方達の邪魔にならないように、

重いデジイチを付けた三脚を、たたみ担いで、後ろに一歩引いた途端に、

おおおぉぉぉーーーーーーっ  尻餅をつきつつ、引っくり返りました。emoticon-0107-sweating.gif

カメラがーーーーっ!!!  倒れつつ、三脚を捻ったけれど、体と一緒に後ろで、

ガシャーーーーーーーンッ!!!!!

あたしは・・・自分の体の痛さよりも、、 カメラがバラバラに壊れたかと。(笑)

東風庵たら・・・自分のカメラを徐に片づけてからくるものだから、

周りの方が私を起こそうと、必死。。(汗)  

足元の悪い所で女性の方では、お互いに危ない。

ので・・・『連れがいますから~ 大丈夫です。』 emoticon-0133-wait.gif

やっと寄ってきた東風庵に起こして貰って・・・先ずはカメラ!

フードは壊れていたけれど、動かしてみたら、カメラは無事。emoticon-0148-yes.gif


『お前、体は大丈夫か?』

?? お尻も痛いし、手首も痛いけれど、、 普通に動くしっ。

『今のうちに引き返して帰ろうか?』

手首確認、 動くんだから・・・行きますよ~ emoticon-0102-bigsmile.gif


それからほぼ二時間半。  一番上まで。  

三脚は畳んだけれど、、 写真も撮りつつ歩いてきました。


ん~ ここの遊歩道~ 岩場には楔も打ってあるし、よく整備されているので、

この後・・・転んで痛くしたところ以外は、どこも痛くもありませんでしたから、

重いカメラや三脚など持たなければ、それほど大変ではありませんが、

まぁ~ 一般的な遊歩道の散歩などと思わず、トレッキングと考えて要注意。

雨模様だったり、雨の後のぬかるんでいる時には、お勧め出来ません。


手首の痛さも何のその。 上がってきましたので、次々と、滝が続きます。(^_-)-☆

by canape2 | 2010-11-09 15:03 | ┣ 滝川渓谷(福島) | Trackback | Comments(4)

滝川渓谷へ・・・里見かかし祭り

4日に行ってきた福島の滝川渓谷~

何時も袋田方面へ行く時には、水戸から水郡線沿いに国道118号で入って行きますが、今回は久し振りに中道の国道349号を行きました。



b0053765_1249495.jpg



↑写真・・・右上から時計回りに進みます。

先ずは小休止・・・先日の『鹿島灘海浜』に立ち寄り、水戸からは、R349号を進みます。

今回のカーナビは、Good♪~ 新しく出来たバイパスを上手く案内してくれるので、

スイスイ~~っと、昔立ち寄って新蕎麦を頂いた『里見の道の駅』に到着。(^_-)-☆

天高くユリノキの紅葉を仰ぎ・・・秋に向かいました。

↑の道の駅のソフトクリームや飲むヨーグルトも人気があるようでしたが、

今回は飲食はパスemoticon-0136-giggle.gifしました。


里見では丁度・・・『かかし祭り』催行中~

国道道筋には、かかしが並んでいたので、車を下りてパチリンコ・・・



b0053765_1321674.jpg



↑ ↓  暖かそ~~う emoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif

お洒落なベストと袢纏~  欲しいなぁ~  ←それでは追い剥ぎですよ、、 コラッ



b0053765_1328069.jpg



この後は、滝川渓谷のある大垬へ急ぎました。

↑の大垬・・・『おおぬかり』と読むんですね~  読めない、、

今度のカーウィングスは、ここへもシッカリと案内をしてくれました~ ホッ

さて、いよいよ、滝川渓谷に入ります。(^_-)-☆

by canape2 | 2010-11-09 13:39 | ┣ 滝川渓谷(福島) | Trackback | Comments(0)

東北最南端の秘境~ ここは遊歩道? プロローグ

ただいま~

このところ、ネットで茨城、福島辺りの紅葉ポイントを探していて、この福島県南部にある東北最南端の秘境『滝川渓谷』の存在を知り・・・
昨日、東風庵の休日を利用して行ってきました。

国道349号直ぐ脇にある遊歩道入口から、徒歩で往復2、3時間の渓谷沿いの遊歩道の筈でしたが、、



b0053765_19243548.jpg



はい。 駐車場の奥に見える管理小屋で環境整備料を支払い遊歩道に入ります。

先に見える低い山の中にその渓谷があり、

地元小学生の描いた案内板を見て進んで行きますが・・・

どっこい!  凄くハードな渓谷歩きでした。!!!

滝川1丁目から始まり、山頂10丁目まで。  48滝あるそうですが・・・


先ずは、ちょっこっと出し、、(笑)



此処は丁度真ん中辺り? だったか。



b0053765_185816.jpg



山頂までに遊歩道、、 アップダウンあり、、  ここ一応鎖場になっていますが、


本当に凄い所は写真など撮っている余裕など、どても、とても。 ブルッ (泣)



b0053765_19215865.jpg



そして、最後の滝!!!



b0053765_192628.jpg



ゴーーーーゴーーーーッ! と音を立てていました~


やっとこ、山頂小屋手前に着いて・・・・ホッ。 はぁ~



b0053765_1935436.jpg



帰りはタクシーを呼んでいただいて、入り口駐車場に戻りましたが・・・

タクシーの運転手さんのお話。

以前、入山者が足を滑らせ、消防団やらドクターヘリが出て大騒ぎをした事もあったようで、

遊歩道があるからと、努々お気楽に入って行っては怪我の元、、

今回、私もアクシデントemoticon-0107-sweating.gifありでしたからね。 ヒョーーーーッ、危なかった。

まぁね、、 重いカメラやら三脚など持っていなければ、、両手は空けておくべき。 

と言う事で、根性で最後まで歩いてきましたので・・・

追々に写真をアップして行きますね。emoticon-0105-wink.gif


昨日は・・・猫啼温泉に1泊。 温泉に浸かり疲れを取ってきましたよ。


今夜は、渓谷駐車場脇で販売をしていたハツタケを購入してきたので・・・初茸御飯です。

ps. ↑ 初茸は・・・アカハツ 、アカモミタケ。

by canape2 | 2010-11-05 19:18 | ┣ 滝川渓谷(福島) | Trackback | Comments(0)