銀山温泉(7)・・・藤屋さん


こんにちは~058.gif

いよいよ、雪の銀山温泉・・・最終になります。

今回宿泊したのはさる有名な建築家の設計により、

2006年にリニューアルされた『藤屋』さんでした。

今月末から、夫の都合で、4月半ばまで遠出ができなくなるので、

急遽決めた旅行でしたので、行き先は銀山温泉で、連泊の出来る宿。

言うだけで、殆ど下調べもせずに、空いていたお宿・・・が此処であったり、

宿のHPから、今、注目の建築家の設計によるリニューアルと知って、

興味もあり、楽しみに伺いました。

中は、流石に! 美術館に入ったような感覚!

サントリー美術館もこの方の設計によります。







b0053765_13220623.jpg




着いたのは、既に薄暮の時間。

建物の入り口の前に立つと・・・

フランスのサン・ゴバン社の手吹きガラスに、

ステンドグラス作家の志田政人さんの手による、

薄緑色のステンドグラスのスクリーンが自動で開きます。


夕暮れのロビーの明るさは、これ以上にはなりません。


↓ 昼間のロビーから上を見上げると・・・







b0053765_13310530.jpg





館内、何処を歩いても貼られている・・・簾虫籠(すむしこ)のスクリーン。


エレベータで二階へ上がってみると・・・







b0053765_13353935.jpg





何の表示も館内には無く・・・







b0053765_13374597.jpg





案内の方が一緒でなかったら、何処へ行ったら良いのやら。


左側のグリーンのスクリーンが・・・手間暇の掛かったステンドグラス。

右は、矢張り相当に手の掛かった・・・簾虫籠(すむしこ)


うっかり転んで、折ってしまったら大変。。  かなり気を遣いました。(^_^;)


さて、二階に上がったものの・・・泊まるお部屋は?





b0053765_13450387.jpg




先に見えた三階への階段。


この左に、入口がありました。 が、さて。?

初めてで、案内の方がいなかったら。 解りません。 多分。


入って直ぐに見える・・・ベッドと洗面所。

後ろに、檜?の寝湯のような形のバスと、お手洗い。







b0053765_13483472.jpg




洗面台前の鏡は吊り鏡。(^_^;)


この写真の中に、冷蔵庫や、洋服掛けの開きがありますが・・・

取っ手が何処にも無く。 

下手に触って、壊したり汚したりしてもいけないし、、クスッ







b0053765_13542380.jpg





左の大襖(はたまた障子) 素材も素晴らしいのです。


楮(こうぞ)と三椏(みつまた)を混ぜた越前の手すき和紙。

どなたか? 指で一か所穴を空けてみた方がいっらしゃたようで。(^_^;)

この大障子。 どちらにも取っ手が無く。 それらしき場所は擦れていました。

私達。 そ~~~っと手も触れず。 ゴミ一つ落とさず。037.gif


この障子の奥・・・板の間のダイニングには大きなテーブルとお洒落な椅子。

その脇は、一段高くなった畳の部屋?が付いていて、可なり広いお部屋でした。

そのダイニングで頂いたお食事も写真に撮っていますが、、


外からみた全景は・・・こちらの記事の中にあります。



此処で思ったこと。

旅館のリニューアルの際に、必要な機能性など・・・

建築家の考えるリニューアルとは?


宿に関しては・・・

何処か? 不可解な想いを抱いて帰宅した今回でした。


今日は、とても暖かで過ごし易く、午前中~庭に出て草取りなど。

クリスマスローズの蕾もかなり膨らんできていました。♪


今回の記事は、コメント欄を閉じさせて頂いてます。





by canape2 | 2016-02-16 14:28 | ┣ 山形・雪の銀山温泉 | Trackback

銀山温泉(6)・・・古山閣の鏝絵


こんばんは~072.gif

昨日は、春一番も吹き、一気に気温が上がりましたが・・・

今日は一転!!! 冬に逆戻り。 寒い一日となりました。

皆様も、体調管理にお気を付けて、お風邪など召しませんように。



さて、遅れている銀山旅行の記録~

二日目。 朝食後の散策で見たもの。








b0053765_21151434.jpg




奥羽山脈のふところにある・・・

銀山温泉街の入口近くに建っている、古い面影を残す宿。

二階の上部に見る・・・

一年の行事、風俗が描かれた10枚の鏝絵に目を奪われます。


大正末期、源泉のボーリングで高温の温泉が湧き出た事により、

一斉に3~4層の大きな旅館が建てられ、各旅館競って

左官職の手によって、鏝絵の看板が掲げられました。

能登屋大看板の記事はこちら。 (^_-)


その中でも↓・・・この古山閣の鏝絵も見事です。







b0053765_21281818.jpg





↑ ↓ を確認してみたら・・・間の一枚が抜けてましたが、、(^_^;)







b0053765_21294245.jpg



どうも↓・・・が抜けていたようで。クスッ





b0053765_21421157.jpg






これで全部が揃います。







b0053765_21303275.jpg






↓は、戸袋を飾る・・・宝船の鏝絵です。







b0053765_21435654.jpg






この斜め前にある食事処。







b0053765_21470118.jpg





中はレトロな雰囲気で・・・







b0053765_21480188.jpg





昼はお蕎麦など。   

夜は酒処となっているようで、メニューを見ると地酒の種類多々。

お薦めのお蕎麦! 揚げ茄子のおろし蕎麦~ 美味しく頂きました。

そちらは、インスタグラムの方に、スマホでアップ済み。

お時間がおありの様でしたら・・・インスタでどうぞ、ご覧になって下さいませ~006.gif

デジカメで撮ったのは、油が光ってしまって、、ボツにしました。(^_^;)



この狭い谷間にある温泉街の真ん中を流れる・・・銀山川。







b0053765_21575752.jpg




大きな利根川を見慣れている私には・・・まるで、用水路の様でした。


次回は・・・リニュアルされた藤屋さんの内部を少しばかり。アップです。


雪が消えた! と言う宿からの電話で、急遽キャンセルした上山温泉。

山形に、今日は又雪が降っているようで。。

どちらにしても、銀山温泉も二日目には雪も融けてきてしまって、

雪からは見放されているようです。

日頃雪とは縁のない暖かな所に暮らしている私。

豪雪の中でお暮しの方々には、何とも暢気で申し訳ないのですが、、

真っ白な美しい世界は、憧れでもあります。


更新の遅れているこの所。

ご来訪下さって、イイネも頂き有難うございます。

感謝。053.gif 





by canape2 | 2016-02-15 22:20 | ┣ 山形・雪の銀山温泉 | Trackback | Comments(0)

冬の銀山温泉(5) 1月28日・・・午前10時を過ぎた温泉街の雪降し


こんばんは~072.gif

更新の遅れ! 全く以って! でございますが・・・(^_^;)

どうも頭の動きも鈍り、沢山撮ってきた写真~ 

どのように編集して行こうかと、考えただけで頭も痛くなり。037.gif

又々、月遅れの記事になってしまいそうで、、

気を長~~~くお付き合い頂けたらと甘い考え。 006.gif


いらして下さった足跡・・・飛び上がります。024.gif


さて朝食を済ませて、のんびりと過ごしている間に、10時になりました。







b0053765_18432035.jpg





未だ雪も残っています。


この温泉街のチェックアウトは、殆どの宿で10時。







b0053765_18453639.jpg





それぞれのお宿で、客を送り出した後。

この温泉街に、宅配やさんや、郵便屋さんなども入って来て、

日常的な生活に戻ります。







b0053765_18481076.jpg





郵便屋さんは後ろの宿に郵便物を。 

向こうには、宅配ヤマトも手押し車の荷物を載乗せてはは配達中~

この温泉街! 車が入って来られるのは、温泉街への入り口にある橋の袂まで。

後は、このような宅配も、お客の荷物も宿で出迎えて、

手押し車で運ぶようになっています。







b0053765_18564734.jpg





細い道。 先の宅配さんの動きを見ながら、ゆっくりと進む郵便屋さん。


この温泉街の真ん中を流れる・・・銀山川。







b0053765_18593401.jpg





こちら、広~~い利根川の河口を見慣れていて、

この川を見て、瞬間! 何かの用水路のようにしか見えませんでした。(^_^;)

しかし、昔。 この川の氾濫で、壊滅的な被害を受け、温泉の温度も下がり、

再興するまでの長い間、宿の姿は消えたままになっていたと言う事ですから、

小さな川だからと言って、此処は狭い峡谷のような地形。 侮れません。

再興された折り、下流にダムも作られたそうで、その心配も無くなっています。


宅配の方達が去った後・・・







b0053765_20561381.jpg





私達が訪れた前日に降った雨で重くなった雪の、雪降しが彼方此方で始まりました。

命綱は必需!!!







b0053765_20525426.jpg





4層の高い宿の前には、作業衣姿の方もやってきて・・・








b0053765_21014328.jpg





写真下の部分は2階ですから・・・目の眩むような高さです。








b0053765_21032238.jpg





勿論!!! 命綱を付けて。

写真で見るくらいの塊上から川に向かって落として行きます。

その音! ドンッッ!!!  ドンッッ!!! と、地響きを立てる凄い音でした。







b0053765_21064535.jpg





川の水量が底を流れる程度でしたので、それほどの跳ね返りではありませんでしたが、

それでも、近場に居た方は。遠く離れる様に注意を受けていました。


此処で、一先ず宿に戻り・・・一度温泉に浸かって。

再度、午後になってからお昼を頂きに外に出ました。


この次の記事で、素晴らしい鏝絵の残りるお宿と、アンチックな風情のお蕎麦やさんなど。

その次に・・・

隈研吾さん設計でリニューアルされたお宿の中を、少しアップ予定しております。


間の抜けた更新ですが、いらして下さって、イイネも頂いて有難うございます。053.gif


同じような写真が続いていますが、、(^_^;) 宜しくお願い致します。






by canape2 | 2016-02-11 21:25 | ┣ 山形・雪の銀山温泉 | Trackback | Comments(2)

冬の銀山温泉(4) 1月28日・・・早朝~白銀の滝


こんばんは~072.gif

銀山温泉のシンボルともなっている、能登屋さんから・・・

この朝は、奥にある滝『白銀の滝(しろがねの滝)』に向かって進んで行きました。







b0053765_21480179.jpg





橋を渡った先に見える赤い建物。 どうやら此処の名物『カリーパンの店』

「はいからさん通り」と言う名前のようです。







b0053765_21522065.jpg





おやっ! この真冬に!  アイスクリーム。(^_^;)

中では達磨ストーが赤々と燃えていましたので、温まりながら頂くのも一興。

少し行って振り返ってみると・・・







b0053765_21562476.jpg





通路の雪は、ホースから流れる水(温泉水)で融けているので安心です。

しかし・・・







b0053765_21584472.jpg





雪に埋もれた建物もあり・・・







b0053765_21595061.jpg





可なりな雪の深さです。

この中を更に進んで行った先に・・・







b0053765_22044715.jpg





白銀の滝がありました。 が、、 真っ白な雪の世界。

滝が何処にあるのか? 最初は解らず。 


左の、青い矢印の先にあるのが、滝です。006.gif

冬は此処から先は通行止めになっていますが、

右の矢印の先に見える小さな橋を渡ると・・・

この温泉の名前の由来となった、銀山『銀抗洞』へと続いています。


滝に、ズームを掛けてみました。







b0053765_22120299.jpg





此処で、引き返しつつ・・・







b0053765_22134062.jpg






未だこの時には雪も大分残っていましたので・・・







b0053765_22162479.jpg





再度、奥に向かって一枚~ パチリッ!


そして↓・・・

前の記事でアップし損なっていた同じ場所からの写真です。クスッ しつこいですね。







b0053765_22194623.jpg





丁度、着いた辺りから気温が上がって来ていましたので、

雪も融けかけてきていたように見えました。


朝食前の温泉街の散歩でした。


次回は、お昼近く。 動き出した温泉街の写真に続きます。(^_^;)


鈍い更新ですが、お付き合い下さって有り難うございます。

ご来訪下さり、イイネも頂いて感謝をしております。 有難うございます。053.gif






by canape2 | 2016-02-07 22:30 | ┣ 山形・雪の銀山温泉 | Trackback | Comments(0)

冬の銀山温泉(3) 1月28日・・・早朝散歩(その1)


こんにちは~074.gif

さて、翌日の早朝~ 朝まだ早い6時台・・・







b0053765_22462919.jpg





外に出てみると、未だ彼方此方の宿からは、灯りもついている部屋もあり。

しかし、雪は止んでいて、川の両岸の雪は除かれいましたので・・・

それほど滑る心配も無いようで、奥に向かって早朝散歩出発です~








b0053765_22495386.jpg





突き当りの木々に降った雪も、未だ残っていて・・・これが見たかった風景~(^_-)







b0053765_15554812.jpg





↑ 右手前から・・・共同浴場のかじか湯。 

そして大きな建物は・・・旅館永澤平八、能登屋と続きます。


あのテレビドラマ『おしん』やジブリの『千と千尋の神隠し』で、

有名になった銀山温泉の中でも代表的なお宿です。


↓ 能登屋。







b0053765_16065262.jpg





能登屋旅館は国の重要文化財にも指定されていて、

銀山温泉のシンボルともいえる代表的な宿です。






b0053765_16085573.jpg





やぁ~ 此処に泊まってみたかったですね~

中も観て見たかったワ。(^_-)


しかし、外側にも観るべきものは多く・・・↓の大看板!







b0053765_16120980.jpg






鳳凰と桐の装飾の中央に『木戸佐左エ門』という、

能登屋旅館創業時の当主(山師)の名前が掘られた鏝絵。


能登屋の祖、初代・木戸佐左エ門は、

江戸時代の寛文年間に北陸・能登からやって来た山師で、

他の4人の山師とともに延沢銀山の採掘を行い飛躍的に産出量を増やしました。

この最盛期を地元では「五人山の盛り」と呼び、

「出羽の銀山裸でいても金や宝は掘り次第」とうたわれたそうです。


山師たちは、川を行き来してあらたな銀鉱脈を探していた時、

偶然にも湯が湧いているのを発見します。銀山温泉の始まりです。


その延沢銀山も、寛永11(1634)に御公儀山となりピークを迎えますが、

その後、採鉱量が減少し、元禄2(1689)年に廃山となっています。

その後、この地に残った人々は湯治客相手の湯端宿屋や

小商いを行って生活するようになりますが、

木戸佐左エ門もそんな一人で、明治25(1893)年に温泉宿を創業しています。



この大看板の制作は、尾花沢・大石田の後藤市蔵で、

4代続いた左官屋の3代目に当たり,

明治後期から昭和前期にかけて活躍しています。



そして・・・





b0053765_16341356.jpg




富士山と老松と白帆の描かれた「内湯あ里」と言う・・・看板も残され、


木造の
建築の柱や梁、白漆喰の外壁、戸袋の鏝絵、銅板葺きの屋根など。

その美しさに目を見張りました。


この先から振り返って見ると・・・







b0053765_16463364.jpg




温泉街に・・・湯けむりも立っています。







b0053765_16482061.jpg




此処から先、滝の方へ向かて更に早朝散歩は続きますが・・・次回で。

この早朝写真からは、ニコンのD5300で、

18-300mmレンズを使っていますが、

どうもコントラストのキツイ写真になってしまいました。(^_^;)


ゆっくり、のんびりですの更新ですが、、

宜しくお付き合い頂けたら嬉しいです。(^_-)





by canape2 | 2016-02-04 16:55 | ┣ 山形・雪の銀山温泉 | Trackback | Comments(2)

冬の銀山温泉(2) 1月27日・・・夜


こんばんは~072.gif

銀山温泉に着いて、先ずは温泉街風景を撮影し、

その後、貸切りの温泉にゆったりと浸かり、お夕飯も部屋食でゆっくりと頂きました。

アルコールも入り、ツレは早々と良い気持ちで就寝~037.gif


外を見れば雪もチラチラと降り、天気予報では気温が上がりそうだったので、

この状態が何時までも続く保証は無く。

此処へ来たら・・・それは、宿からの灯りに浮かぶ雪の温泉地!!! 

それを撮らなかったら意味が無い。006.gif

ぐっすり眠ってしまったツレは置いて、外に出ました。


夜の9時少し前。 15分ほどカメラを抱えて歩いてみました。

カメラは・・・キャノンのコンデジ。 G1X夜景モード手持ちです。







b0053765_17305965.jpg





橋の真ん中に立って、奥に向かってパチリッ!

江戸時代にあった延沢銀山。 その近くで400年の歴史のある温泉ですが、

一度中央を流れている銀山川の大洪水で温泉宿が流され、

温泉の温度も下がってしまってさびれていました。その後ダムが作られ、

源泉のボーリングで高温多量の湯の湧出もあり、

大正末期から昭和の始めに、一斉に川の両岸に・・・

多層木造バルコニー建築の宿が建ち並んび、現在もその姿を残している温泉地です。







b0053765_17515613.jpg





右手前は・・・通路を守る雁木。

この下を潜って先に少し進んでみましょう~







b0053765_19365533.jpg





殆ど人が出ていませんでしたが・・・

奥の方から若い人の声。 どうやら外国からの団体さんの様です。

ドラマ『おしん』の人気で、外国からのお客様が多いようでした。


少し先に進んで橋の反対側のお宿・・・







b0053765_19445992.jpg





其処から戻って・・・雁木の前のお宿。







b0053765_19485404.jpg





どちらも近年、外側もリニューアルされているようで綺麗です。

昭和61年に「銀山温泉家並み保存条例」を制定し、

伝統を生かした温泉街を残すべく、町を挙げて努力をされているとの事。







b0053765_20002357.jpg





宿泊をしたのは・・・こちら↑

10日ほど前の予約で、二連泊。 

それも、トイレ、風呂付。となるとここ以外には無く。(今回は貸切り多々)

さる有名建築家の設計でのリフォームとあり、興味もあったので、

予約をして伺いました。 お宿の方から親切にして頂きましたが、

何かとビックリ!!!  何処か? この温泉地の中で浮いて見えました。

リフォームとは? 有名な△とは? と考えさせられる事の多い今回でした。


内部は、どうしましょうね。 思案ちうです。


翌朝は、ツレと奥の方まで、カメラを抱えてお散歩をしました。


更新ゆっくりで、頂いたコメントへのお返事も遅れがちですが・・・

ご来訪下さり、イイネも沢山頂いて有り難うございます。053.gif

嬉しいです。





by canape2 | 2016-02-01 20:22 | ┣ 山形・雪の銀山温泉 | Trackback | Comments(11)

冬の銀山温泉(1) 1月27日・・・夕方


こんばんは~072.gif

↓の記事でも、一枚御ご紹介をしていますが・・・

27日~29日。 二泊三日で、山形県尾花市にある銀山温泉に行って来ました。

今春に予定されている写真展に提出する写真が、、   ん~~~ 無い!

ツレも、来月の後半から4月半ばまでは、連日の病院通いを控えていて、

今行かなければ!!!  

機会を逸するので、急遽決めて出かけて来ました。(笑)

はい。 ツレは元気ですから。 出かける気満々! (^_^;)

今回も、此方から特急と新幹線を使って、乗継ぎ待ち時間を合わせて、

着くまでに9時間弱掛かっています。

7時過ぎに家を出て、

尾花沢で宿の手配をしてくれていたタクシーで銀山温泉に着いたのは4時少し前。

部屋に案内をされて、暗くなる前に!!!


急いで外に出て撮った数枚。







b0053765_19470082.jpg





チラチラと雪の舞うレトロな温泉街~







b0053765_19480287.jpg





6時半予約のお夕飯の前に温泉にもゆっくりと入らなければ。 

折角の温泉地意味がない。クスッ


その後に、夜景撮りをと考えて・・・ここで引き揚げました。


これからチェックアウトまでの三日間。 

何処に出るでもなく、銀山温泉の中でまったり。 

昼夜の写真を撮っては見ましたが・・・

取り込んでみれば、下手な写真ばかりでガックリ。002.gif


でも~ 行き帰り合わせて・・・17時間も掛かって行って、、

(途中、東京駅での乗り継ぎ待ち時間。 合わせて4時間。トホッ)

挙句の果てに、帰りの電車の中では、

胃の調子も悪くなり、ふくらはぎは痛くなって歩くのも辛くなり、、

大変な思いをして行ってきた銀山温泉ですので、037.gif

少しの間、その下手な写真にお付き合い頂けたら嬉しいです。 

宜しくお願い致します。006.gif


スマホからの投稿にも沢山のイイネを頂いて有り難うございました。053.gif

家に帰ってパソコンでみて・・・その大きさにビックリ!

でも、想像していたよりも綺麗だったので、ホッ。

翌日の早朝に撮ったものでした。





by canape2 | 2016-01-30 20:06 | ┣ 山形・雪の銀山温泉 | Trackback | Comments(4)

冬の銀山温泉



b0053765_20245790.jpg






山形、尾花沢市の奥・・・銀山温泉に来ています。

このところの気温の上昇で、今日は大部、雪も融けてきています。


インスタで、3枚ほどアップしてますので、

お時間がおありの時に、覗いてみて下さいませ~(^_-)


この画像はスマホ撮りですので、後で削除あるかも知れませ~ん。(((^^;)




by canape2 | 2016-01-28 20:15 | ┣ 山形・雪の銀山温泉 | Trackback | Comments(1)