カテゴリ:折々の記( 367 )

星降る夜の・・・


こんばんは。

クリスマスイヴ・・・皆様はどのようにお過ごしですか。





b0053765_17151657.jpg





今夜はこの曲を。♪~











皆様に沢山の幸せが訪れますように。


私は、今夜は兄や甥が送ってきてくれた飲茶で、

エルビスとイヴを過ごします。(^^;)












ん~ 塩原で購入したシュトレーンは、夫の帰宅後に。063.gif


昨日は、久しぶりの夜遅い投稿に、

沢山のお仲間がいらして下さって、もぅビックリ!005.gif

有難うございました。

とても励まされ、049.gif

早く元通りの元気を取り戻さなければと心に誓いました。




by canape2 | 2016-12-24 17:21 | 折々の記 | Trackback

クリスマス・・・そして見送り


こんばんは。

本当にお久しぶりになってしまいました。




b0053765_20453265.jpg






この間もインスタグラムの方では、スマホから更新を続けておりましたが、

どうもパソコンの前に腰掛ける気力に欠けていました。

それでも多くの皆様が、スマホからPCから、いらして下さっていることは、

アクセスレポートから解っておりましたので、

早く更新をしなければ思いつつ、、14日に弟が天界に旅立ちました。

これまで弟の癌闘病については話して来ていませんでしたので、

皆様を驚かせてしまって、、突然にこのような記事でごめんなさいね。



19日にインスタに載せた文をここに転載を致します。



先週、14日に天界に旅立った弟の告別式が、

多くの方からお見送り頂いて昨日ありました。

私とは10歳離れていましたので、まだ63歳。

10年前に大きな手術を受け、その後5年前に再度の大きな手術を受け、

この秋からは久留米大の癌ワクチン療法にも挑んだ癌闘病生活でした。

と言っても、2度とも退院後は元気に勤務先へ復帰して、家族の生活を支えつつ、

子供二人とも東京の大学までは出し、就職し社会人として独り立ちして、

長男は結婚もして可愛らしい孫の顔をみるまで頑張ってくれました。


私たち夫婦が結婚をした頃は、

未だ体も華奢な小学生から、漸く中学に入学したばかり。

末っ子の夫は実の弟が出来たように、入試の合否を一緒に見に行ったり、

大学を卒業し社会人となって夫と同じ会社に就職をした時には、スーツをプレゼント。

社内の昇格があれば喜び、悲喜交々。

多くの思い出を残しています。

98歳の母は、妹家族に支えられながらも気丈に、

今回の通夜式にも、告別式にも参列をしています。









早いもので、あの日から もぅ10日経ちました。

この時があると解っていたとは言え、やはり悲しいです。


明日はクリスマスイブ。

明日、夫は前から先約があり外出で、私はクリボッチ。050.gif

大好きなエルビスの唄と共に過ごしたいと思います。


更新の緩いブログ。 いらして下さっていることに感謝申しあげます。

励みを頂いております。





by canape2 | 2016-12-23 21:26 | 折々の記 | Trackback

☆明けましておめでとうございます☆


明けましておめでとうございます。




晴天の素晴らしいお元日を迎えました。

今日は、のんびりと起床し、取り寄せたお節をゆっくりと頂いて・・・

最近は早く配達されるようになった年賀状を、一枚一枚丁寧に拝見しながら、

家族写真の載った年賀状に、お子さん達の成長に、こちらも幸せを頂いたお正月。♪

やはり、良いですね~053.gif お正月って。







b0053765_23435989.jpg






我が家のお正月は・・・取り寄せのお節から始まります。(^_-)






b0053765_23445514.jpg




今年は、和洋中の三段重~

中華は脇屋さんのもの。 和と洋は、カタログを既に処分してしまったので???クスッ

温めた方が良いものはレンジで温めて・・

それぞれを少しずつ美味しく頂いていています。


どちら様にも、殆どコメントも残さず、失礼ばかりをしておりますが、

このような拙い写真ブログにいらして下さって、

イイネも沢山頂きまして有難うございました。053.gif 感謝を致しております。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。






by canape2 | 2016-01-01 23:55 | 折々の記 | Trackback | Comments(8)

2015年秋(1)・・・福島白河・南湖公園


こんばんは~072.gif  ただいま。(^_-)

昨日から一泊二日で、福島方面へ撮影旅行に参加してきました。

一日目の昨日~ 早朝の5時出発。

最初に立ち寄ったのは、福島白河の・・・『南湖公園』  






b0053765_22585727.jpg





出発5時間後。 一般道をトコトコ、、北上。(^_^;)


此処は・・・12代白河藩主・松平定信(楽翁公)が、

「大沼」と呼ばれていた湿地帯に堤を作って水を貯め、

庭園の要素を取り入れて享和元年(1801)に築造した場所です。







b0053765_23025593.jpg





奥、中央に見えているのが・・・新幹線の『新白河駅』周辺です。


湖の周囲遊歩道に、ぐるりと植えられた松~







b0053765_23272314.jpg



そして、秋・・・







b0053765_23291177.jpg




b0053765_23294682.jpg




b0053765_23301179.jpg





パラパラと降り注ぐ木漏れ日の中で、

光輝く黄葉~



この後、福島県西郷村の・・・雪割峡谷で3時間ほど散策~

そして宿泊は、甲子温泉「五峰荘」に。

早めの到着で、ゆっくりと温泉に入り、揃って楽しくお夕飯頂きました。


今日は、朝の8時出発。 夜の8時過ぎに帰宅しました。


今週は末には、又予定も入っていますので、

ゆるりとしたアップになりますが、宜しくお付き合い下さると嬉しいです。





by canape2 | 2015-10-29 23:14 | 折々の記 | Trackback | Comments(0)

暑中お見舞い申し上げます



b0053765_23304593.jpg




連日、猛暑が続いております。

どうぞ、体調をお崩しなりませんよう、

これぐれもお気をつけ下さいませ。


今日は、犬吠埼君ヶ浜に咲く・・・

ハマゴウの様子を見に出かけて来ました。






b0053765_23382158.jpg





丁度見頃となってました。056.gif


昨年の君ヶ浜駅の向日葵を思い出して、駅まで徒歩で行ってみましたが、

今年は向日葵の姿は全く無く、、ガッカリ。

再度浜辺歩き、駐車場に戻った時には、足もヨロヨロ。(笑)


やはり、浜辺のお散歩は夕方の方が心地が良いですね~(^_-)

蔭になる所がありませんもの~ 


予告のキアゲハの記事など、遅れがちになっていますが、、

気長にお付き合い頂けたら有り難いです。


いつも、ご来訪下さり、沢山のイイネを下さって有り難うございます。053.gif





by canape2 | 2015-08-03 23:47 | 折々の記 | Trackback | Comments(0)

ボヤントさんのカレンダーと一緒♪~


こんばんは~072.gif

今年の1月に、手を上げて頂いた・・・ボヤントさんのカレンダー♪

可愛らしい猫やワンちゃん、リスやカンガルーやハリネズミなど。

そして、ハートにチューリップなどを散りばめ、とってもお洒落なカレンダー。






b0053765_22234179.jpg






7月と8月は・・・この可愛らしいハリネズミさんとカンガルーです。

ボヤントさんのスタンプアートは、優しさに溢れていて、

見ていると、ポッ053.gifと心が温かくなってきます。







b0053765_22170998.jpg






5月と6月は・・・ハートの若葉と、にゃんこちゃんでした。


9月はね・・・又素敵なのですよ~  11月も~♪

日々、眺めては・・・

ボヤントさん~ おはよう~ お元気かしら~? 私は元気で居ますよ~

と、声を掛けて。(^_-) 一日が始まります。 

こういう繋がりって嬉しいですね。 有難うございます。





by canape2 | 2015-07-20 22:02 | 折々の記 | Trackback | Comments(2)

イーハトーブガーデン・・・宮沢賢治が愛した樹木や草花(再度のアップ)


↓の記事でもお話をしておりました、6月23日の投稿記事。

何故か? 突然、27~28日の夜中に、記事全体が消えておりました。

エキサイトさんへの問い合わせで、何とか復元できましたので、

少々修正しておりますが、此方で再度のアップです。049.gif


◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊


こんにちは~♪

今日は、素敵な本の紹介をさせて頂きますね。

先日、紫陽花のお寺でご一緒したnenemuさんから、素敵なご著書を頂きました。






b0053765_16581185.jpg





エキサイトのお仲間でもあるnenemuさん~

宮沢賢治研究家として有名な方で、

そして写真でも、二科展で入選されている写真家です。

実は、その事は、お会いしてからの情報で、

nenemuさんのエキサイト開設はずっと以前から。

リンクのお仲間には此方と被っている方もいらしたのですが、

今回、写真のお友達の紹介から、始めてお会いしました。

ん~ 大人でいらして、素敵な方です。 

頂いたご本も・・・

宮沢賢治の作品から、植物もお育てになり、訪ね歩いた中で、

賢治の文語詩の引用と、お感じになったことなど解説も添えた、

素晴らしい植物写真集でした。

nenemuさんも・・・

単なる植物写真集にはしたくなかった。 と仰っていましたが、

拝読して、良くその意味が解りました。


又、私の宝物が増えました。

当に植物の生態。 素晴らしいお写真が載っています。


宮沢賢治について、私は・・・

あの『銀河鉄道の夜』の著者で、

教科書か何かで見た丸刈りの、高等農林学校の先生で、

岩手に、何やら・・・イーハトーブと言う宮沢賢治がらみの所があるらしい。

と言う、全くの無知蒙昧。。(滝汗)

そのような私が拝見して、一気に惹かれた世界が、この中にありました。

nenemuさんのブログ→こちらからいらして下さいね。


好評で重版されているようですので、お薦めです。

他にも出版されている『賢治鳥類学』も読んでみたいと思い、

amazonに注文しましたが。(^_-)



ネットを通して、写真を通して・・・

これまでにも、素晴らしい方たちと巡り合うことの出来た幸せ~

これからも、宜しくお願い致します。

心から感謝をしています。



 ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊


今日(23日)、夫は株主総会で東京へ。

任期を残していましたが、今日で退任します。

最初に居た会社から移って、ほぼ8年。

74歳。 優秀な方達がいらして、何時までも年寄りがいる訳には行かない。

と言うのが夫の意思でした。

振り返れば半世紀の会社人生。 色々とありました。

長い間お疲れ様でした。  感謝。


          

7月27日までの・・・イイネ 70  ツイート 0 


沢山のイイネを下さって有り難うございました。

コメントも頂いておりましたが・・・確か?三友写真部さんでしたでしょうか?

そちらは復元できず、ご理解のほど宜しくお願い致します。




何時もご来訪頂き、イイネも下さってありがとうございます。




by canape2 | 2015-06-29 17:41 | 折々の記 | Trackback(1) | Comments(2)

お彼岸・・・メモリー



今日は彼岸明け。

お彼岸に入って、21日には、市内にある私の実家のお墓参りをし、

翌日の22日に、東京にある夫の実家のお墓参りをしてきました。

お彼岸になると、夫のお墓の前で・・・特別に連絡をしていた訳ではなかったのに、

今月の始めに他界した姉(夫の義姉)と、お墓の前で・・・姉は横浜から。 私たちは千葉の突外れから。

なのに、まるで約束をしていたかのように何度も出会っていました。 

きっとご先祖様の取り計らいだったのでしょう。 そのような事を考えながらの、今年のお彼岸でした。


早くも、もぅ姉を見送って2週間になろうとしています。

その斎場を飾っていたお花・・・



b0053765_17161144.jpg







2週間経った今も、

我が家の玄関で、姉の命を愛しむかのように美しく咲いています。





b0053765_17190503.jpg



明るい笑顔を見るような・・・


私の大切なメモリーとして、ここに残しておこうと思います。






b0053765_17134276.jpg




ストックが優しく香っています。


奇しくもお見送りは・・・3月11日。

亡くなったのは、お雛様の晩。 私の誕生日でした。





b0053765_17244292.png


えむさん~ ↑ ロゴをこちらにも拝借させて頂きました。



そして、えむさんから素晴らしい情報です。072.gif


4月1日出版の・・・

EAM photo 初の 写真集



売上の一部は三陸沿岸の桜の植木に寄付されます。


との事。


楽しみ致しております。053.gif



明日は、又・・・岩室・弥彦山の記事に戻ります。





by canape2 | 2015-03-24 17:38 | 折々の記 | Trackback | Comments(0)

色々とあった一週間・・・

こんにちは。

先週の始めから今週に掛けて・・・色々な事がありました。

先ずは・・・例年開いている同好会の写真展。

そちらは、3月3日~8日まで。 市民センターの展示室でありました。

展示はセンターが月曜日が休館日となっているので、開催初日の3日の朝から始めて小一時間。






b0053765_16374645.jpg





6日間の間、多くの方にいらして頂き有難うございました。

そのうち、一日は連れと二人で一日、受付担当。

翌日は連れのみ。 他の方と一日受付担当。 

私は、センターで開かれていた郷土史講座に参加。

最終日の8日に作品搬出後、一度家に帰り・・・

後、東庄町笹川にある『鯉屋旅館』で打ち上げ。 帰宅は可なり遅くなってから。


そして、9日・・・連れは出勤。

10日は・・・連れの義姉(兄嫁・79歳)のお通夜で横浜へ。

(実際には、兄嫁の具合が良くないと言う知らせは2日の午後にあったのですが、

3日はこの搬入があったので4日に横浜行きを伸ばしていました。

所が、4日の朝。朝一の特急に乗るべくタクシーを頼んだ直後に逝去の電話が入り、

兎にも角にも一度、横浜の兄宅へかけつけました。)


朝は晴れていましたが、次第に荒れ模様の一日となっていました。

が、永年の努力で、事業も拡大していた姉・・・

お通夜だけでも、600人を超える多くの方々が参列して下さいました。


その夜は、予約をしていたホテルに宿泊をして。 翌朝起きてみると・・・







b0053765_17053789.jpg





太陽の如く明るく、光輝いていた美しい姉にふさわしく・・・

見上げた空は晴天。058.gif  素晴らしいお見送りの日となりました。







b0053765_17101979.jpg





横浜ランドマークタワーを眺めながら朝食を頂き・・・告別式に参列。


姉の温かな人格と、優秀な兄や家族の協力もあって、

告別式当日も、更に驚くほど多くの方がご会葬下さり、

あれほどの涙を見たことは無い。 と言う程に、

多くの方が、優しい人柄をしのんで、涙でお別れをして下さいました。

見送りの日となったのは・・・丁度あの震災で多くの方が亡くなられた日。

その日に、姉も天国へ旅立って行きました。

本当に、華やかな美人で、明るく広い心を持っていて、誰もが憧れた人でした。

きっと、天国に・・・

素晴らしい楽園を広げて行くのではないかと想像します。


pray for -4- Japan@TOHOKU


同じ兄弟の嫁でありながら・・・私は、外れ嫁、、008.gif

これからは、少しでも見習って行かなければと思いますが。

やはり、外れは、外れよね。。トホッ



本当に、色々な事があった一週間でした。


今日、連れは・・・東京の歯医者さんへ出かけました。

明日からは・・・心を入れ替えて。 

先ずは家の片づけをしなければ。 断舎利って難しい。

これも、何回言っているか。

 



by canape2 | 2015-03-12 18:04 | 折々の記 | Trackback | Comments(4)

LOVE♡TOHOKU

2011.3.11  あれから間もなく4年。

あの時の、天地を引っ繰り返したような衝撃は忘れられません。

地は怒り! 海は吠え!  何事が起ったのかと震えたあの日。







b0053765_23292070.jpg





この飯岡漁港と、隣接した住宅地を津波が襲い、大きな被害を及ぼしました。

我が家も、二度目の揺れで棟瓦の一部が崩れ、その晩は一晩車の中で過ごしましたが、

市の大部分が停電をした中で、車の中で見た東北の惨状に・・・

とんでもない事が起きたのだと知り、心震えたことを昨日の事のように思い出します。

そして、被災地の物資不足!!!







b0053765_23384983.jpg





海の男たちは、物資を船に積んで東北へ向かいました。







b0053765_23400455.jpg





海外からも、空を飛んでやって来てくれた・・・

救助とボランティアの多くのエキスパート。

テレビから流れる映像を見ては・・・涙を流した日々。


それは、今でも変わりません。







b0053765_23443545.jpg





完全ではないけれど、修復された漁港とヨットハーバー・・・

港に活気も出てきています。







b0053765_23480014.jpg





↑写真の中に、えむさんのロゴを拝借しました。


海も空も、何処までも繋がって、地球は一つ・・・


未だ未だ、多くの方々が仮設住宅にお住まいで、

4年が過ぎても、復興の進まない東北の地に、

一日も早い安らぎの日が訪れることを祈って・・・


LOVE♡TOHOKU





by canape2 | 2015-03-09 00:00 | 折々の記 | Trackback | Comments(8)