タグ:赤紫蘇 ( 21 ) タグの人気記事

申年の梅・・・さしす梅干し


こんにちは~058.gif

最近は遅れてばかりのブログですが、

変わらずご来訪を頂いて、イイネも下さって有難うございます。

本当に有り難く、感謝をしております。053.gif


さて、庭の梅・・・今年は全部を梅干しとして漬けました。

雨が降り出すと傷んでくるので、

6月5日。 少し早めの収穫をして、計って見ると5キロ程ありました





b0053765_21541750.jpg







今年はインスタグラムで見かけた・・・

お酢とお砂糖を使った『さしす梅干し』も試してみました。



↓ 先ずは収穫をした梅を一晩水につけてアクを抜き、

塩漬けの方は、ヘタの汚れを取って重石をして漬けます。

梅酢が上がってきたところで、

用意をして置いた紫蘇玉を乗せて、土用干しを待ちます。

さしす漬けは漬け込んで直ぐに紫蘇玉を乗せました。






b0053765_21552770.jpg





↓ 右が、『さしす漬け』です。







b0053765_21583259.jpg



7月29日。 梅雨明け宣言と同時に・・・

昔から言うではありませんか! 梅雨明け10日。

急げ!急げ! 庭に広げて干しました。





b0053765_22270748.jpg





今年の梅も赤紫蘇たっぷりです。(^_-)

一日良く晴れて、梅酢の入った瓶も一緒に日に当てて・・・




b0053765_22295617.jpg





午後3時。 その熱くなった梅酢の中に干していた梅を一度戻して一晩。


翌日も再度干して、夜露に当てました。

所が、、甘い『さしす漬け』の干し笊に蟻が寄ってきたので、

慌てて空にした瓶に取り込んで、翌日ベランダで干すことにしました。

ここで二日一晩。(^_-)

翌日干す筈が・・・どうもスッキリとしない天候。

「梅雨明け10日」の言い伝えは何処へ?


その瓶を眺めつつ、天候と諸々の予定と、にらめっこの日々が続き。039.gif





b0053765_22411277.jpg





やっと三日干しが出来たのが・・・8月6日でした。

ここでも夕方から天候が怪しくなってなってきたので、瓶に戻しています。






b0053765_23021308.jpg




今年は早めの収穫だったこともあって、少し硬めだったので、

その後晴れた日に、一日瓶に詰めたまま日に当てたのが、↑の梅干しです。

ここでやっと、柔らかな梅干しになりました。



今年は申年。 

申年の梅干しは・・・「難が去る」と言って縁起物の梅干しなのだそうです。

12年に一度の縁起物053.gif053.gif053.gif

次の申年には、私は80代半ば。クスッ  作っているでしょうかしら~037.gif

妹と母にも分けて、後は大事に頂きましょう。


◎レシピ

『さしす梅干し』

*梅2㎏  *ザラメ600g  *塩200g  *リンゴ酢8cup

結構な量のお酢を使うのでビックリ。005.gif

甘めの梅酢が沢山出来ました。(^_-)


何時もの『塩14%の梅干し』

*梅2.8㎏  *塩392g


インスタグラムでの情報で始めて作ってみた『さしす梅干し』

夫からは好評です。049.gif


毎年の梅仕事は・・・

右タグの『梅』から、シロップやコンフィチュールの記事もご覧頂けます。





by canape2 | 2016-09-02 09:18 | キッチン | Trackback | Comments(2)

例年よりも早い・・・梅干し干し

アッチッチ、、でございます。。(^_^;)

なので、赤紫蘇をたっぷりと使い・・・

このカンカン照りの日058.gifを待っていた塩漬けの梅干し。


今日~  干しました。






b0053765_1321159.jpg





奥に見えている色の冴えない梅干・・・昨年のもの。

昨年は、干そう~ 干そう~ と思いながらも、

他所様が晴れの日は、濃霧で曇り、、

かと思えば、風吹きまくり・・・

台地の上から飛んでくる、畑の土まみれになりそうだったし、、

そうこうしているうちに、秋になってしまっていたのです。037.gif


それ~っとばかり、一気に干しました。003.gif






b0053765_13263351.jpg




049.gif  今年のは黄色く色付いていたし、赤紫蘇もたっぷり。


美味しい梅干しになりそうだっ!


2010年の梅干し干し。 ←からご覧頂けます



此方は、今のところ・・・

ガラス戸を開けて、網戸にしてさえしておけば、1階は室内気温29℃。

何とか凌いでおりますが、昨日からどうも喉が痛い、、


又、家の中のリフィームが入るので、室内整理もしなければならず、、

(建築やさん、一向に予定を言ってこないけれど。 一体何時なん?

ここ最近、3度程お願いをしていたところとは、別なのですけれどね。

そちらは予定がシッカリとしていて、良くして頂いていました。)


急にってこともあるやも?(爆)  思い切って、断捨離励まねば。

この際、身の回りスッキリ。 今しかないでしょっ! ←私。008.gif

by canape2 | 2013-07-12 13:37 | キッチン | Trackback | Comments(4)

土用の入り・・・梅干しを干し始めました。(^_-)-☆

今日は無風~  朝のうちは霧っぽかったけれど、晴れて気温もグングンと上がるらしい。

そして土用の入りでもあるし・・・・・・ならば、梅干し干しには、最高のお日和。(^_-)-☆

あの平笊に丁度二枚分。 納まりましたよ。



b0053765_2126470.jpg



し、しかし、、 あんなに紫蘇玉を入れた割には・・・赤く無い。 色が悪い。。 トホホ


一日目。 例年通り、午後三時まで干して、一緒に温めておいた梅酢の中に、ジュワッと干した梅を一粒ずつ丁寧に放り込んで、、006.gifいきます。

こうすることで、更に柔かな梅干しになる事、保証です。


そうして、後は二日一晩干して、無添加で美味しい梅干しの出来上がり~

? 無添加。  市販の梅干しには良く見るとよぅ~まぁ~こんなに添加物が! と思う梅干しもあり。
本来、梅干しは冷蔵庫なんぞに入れなくとも良い保存食で、酸っぱくて当たり前。 それがそうじゃないと言うのも可笑しな話ではと思う私。045.gif

と、又・・・お楽しみ、自己満足の梅干し作りでした。(^_-)-☆


昨年は8月の16日に干していましたよ~

干そうか? 干すまいか? 空を眺めつつ、悩みの多い梅干し干し。 今年は後二日、どうでしょうか?

by canape2 | 2010-07-20 21:41 | キッチン | Trackback | Comments(0)

紫蘇玉を乗せた・・・塩漬けの梅。


先月の旅行記が、ドンドン後にずれ込んでいますが、、 此処は備忘録となっていますので。クスッ

兎に角、日々の事は忘れないうちに記録をして置かないと、忘れてしまうので・・・旅行のお話は、少し後回しにさせて下さいね。

先週1週間は、殆ど梅仕事でした。(笑)  梅の為だけに、紫蘇も求めて走り回り037.gif

そして、先週塩漬けにした梅ですが・・・

丸2日後に重石を取り、紫蘇玉を広げて乗せました。 



b0053765_21472915.jpg



約12キロの梅に、赤紫蘇7束。 二つの容器(バッカン)に纏めました。

ほぼ1週間・・・ 

真っ赤に赤紫蘇の色も出てきて、時々容器をユサユサと揺すって梅に色を移します。


後は・・・あの真夏のチリチリと焼けた058.gifを待つばかり。006.gif



そして、 あの梅のコンフィチュールも・・・梅2キロ分、作りましたよ~



b0053765_21593060.jpg



?昨年は2瓶に入りきらなかったのかしら。  

同じ梅2キロを使って、今年の方が出来上がりの量が少なかったような。

後から買い足した1キロの梅の実、そう言えば家の梅よりも種が大きかったな。クスッ


今年はシールに・・・『梅のピューレ』と記入しましたよ。ふふっ



レシピは・・・此処にもあります。(^_-)-☆  


此方地方。 連日の霧と雨で、終日エアコンドライを掛けています。 もぅジメジメ、ジットリとして、それをしなかったら、何もかも黴てしまいそうです。

あちらこちらでの、集中豪雨の被害をテレビで見るにつけ、近年の気象異常は想像を越えていて、恐ろしさを感じます。

どうか大きな被害のありませんように。 


 

by canape2 | 2010-07-07 22:19 | キッチン | Trackback | Comments(0)

今日の梅仕事・・・


昨日、お水に浸して置いた梅を・・・盆笊にあけて水を切り、35度の焼酎で消毒をして塩漬けにしました。  

収穫をした梅のうちの半分ですが、10ℓと8ℓのバッカン二つに。

水を切った時に更に傷の熟し過ぎていた物を選別して、コンフィチュール用に。 先ずはサッと熱湯を通して、3時間流水であく抜きを。

ここで、あの赤紫蘇 前もって、道の駅に電話をし、取り置きをお願いして・・・行ってきました。(*^^)v


今日一日の梅仕事・・・取り敢えずは、アニメGIFで。



b0053765_2147938.gif



帰ってから・・・流水でアクの抜いた梅をあのムーラン(簡単便利です。)で濾して、コンフィチュールに。  

と言っても、とろ~りとしたピューレですが、これが諸々のお料理にとても便利に使えます。 勿論パンにも美味。 

そして、徐に赤紫蘇の・・・紫蘇玉作りを (^_-)-☆  

これだけあれば、真っ赤な色の良い梅干しになること間違い無し。


今日の梅漬け。
梅・・・5.5kg  塩(14%)・・・770g

残した梅は・・・今夜お水に浸し、明日、また塩漬けに。  バッカンが足りるかしら? クスッ


と言う事で、明日も又梅仕事が続きます。006.gif

by canape2 | 2010-06-28 19:32 | キッチン | Trackback | Comments(2)

今年も・・・赤紫蘇準備万端~

気になっていた、梅干し用の赤紫蘇。 

今日、ベイシアで見掛けて早速購入してきました。 3束しか無かったので、近くいた店員さんに・・・もっと無いか?伺うと・・・それだけです。 と言ったお返事。006.gif
酢漬けになった赤紫蘇は山になっていましたが、この新鮮な葉を使う人は少ないのか? 道の駅以外の、このようなお店では余り置かないらしい。。

でも、取り敢えずは3束でも、あって良かった。 ホッ (^_-)-☆


と言う事で、例年通りに下処理をして・・・



b0053765_2211958.jpg

↑ どうも写真が宜しくないのですが・・・もぅ~赤紫蘇を揉み揉みしてしまった後では、、クスッ



これでアクを抜いたお団子の赤紫蘇を冷蔵庫に保存して・・・梅の収穫を待ちます。


昨年の赤紫蘇の記事。  ←←からどうぞ~ 詳しく載っています。(^_-)-☆

072.gifその記事以外にも、右のタグから・・・『梅』と『赤紫蘇』で、これまでの記事をご覧頂けます。072.gif

これまでの赤紫蘇の記事を振り返ってみると、大体、6月中頃に店頭に出てきて、その時期を外さないよう、結構気にして、あちらこちら動き回り・・・梅干し作りも大変です。037.gif
と、買いてから・・・何も、何時も置いている道の駅に、電話確認をしてから行けば良いだけのこと。はは


このところ、家の中の片付けに大忙し。。 と言う事は、日頃だらしが無いってことです。(大汗)

身の回りに、どうしてこうも要らないものが増えて行ってしまうんでしょ。。 

何時も、片付ける度に反省はするのですけれどね。 はぁ~

by canape2 | 2010-06-22 22:18 | キッチン | Trackback | Comments(2)

やっと、梅干しを干しましたよ~

こちらも、やっとです。

梅干しは・・・干さなきゃ~ 梅干しになりませんからね~ ププッ

こんなに太陽が輝く日の待ち遠しかった夏は無かったような気がしますが・・・

今日は、梅干し干し、一日目です。



b0053765_21393587.jpg



今年は、無傷で良い梅の収穫が少なかったので少量です。

でも、赤紫蘇はたっぷり使っているので・・・・良い色でしょう~~~(嬉々)


昨年までの梅干しの記事。

タグの・・・「梅」と「赤紫蘇」からもご覧いただけますが、

明日にでもリンクをして置きます。

そうそう、リンクの色ね。 変わらなかったり、分かり難かったり・・・

先ずは下の記事でも、下線を引いてみました。 

全てのスキンで、リンク色考えて欲しいな。

by canape2 | 2009-08-16 21:46 | キッチン | Trackback | Comments(4)

梅仕事・・・その(2)

(1)? グフッ ↓の『黒糖梅酒』ですよ~(笑)

で、今日の記事は・・・何時もの『梅干し』です。

今年はお花がたくさん咲いた割には、収穫が少なくて、、 でも、やはり・・・
いくら少量とは言え、毎年作っている『梅干し』を外す訳にはまいりません。


2、3日前に載せた梅干し用の梅を一晩水に浸して・・・
笊に空けて、水を切った後に、焼酎で消毒をしてから、容器へ漬けます。


b0053765_21152439.jpg


梅 1.34kg  お塩は14%で漬けていますので・・・187g


b0053765_21181470.jpg



何時もですと、これよりも一回り大きなバッカンに一杯になるのですが・・・

落とし蓋をして重石を乗せて、梅酢が上がってくるまで蓋をして待ちます。


それで・・・梅酢が上がって来た段階で、赤紫蘇の出番となります。

これまでですと、梅の出回る時期と、赤紫蘇の出回る時期がずれていて、

うっかりすると赤紫蘇を求め損なったりするのですが・・・



b0053765_21255831.jpg



最近は、ハウスで育てているのか?どうか? 

梅と同時に紫蘇も店頭に出るようになって、

あーーーっ! 赤紫蘇が無いっ。。 とガッカリすることが無くなってきました。


梅干しはやはり赤くないと。 紫蘇の効果もありますしね。 こちらも外せません。



b0053765_21285679.jpg



紫蘇は・・・お塩を振って、ギュッギュと揉みこんでいると、

こんなに!と言う位、お水が出てきます。 

その色水は捨てます。余りに綺麗な紫色なので、此方も使いたくなりますが、、

そちらは、アクですからね~ 揉み揉みは、あくまでも“アク抜き”です。(笑)

そして一度目、ギュッ絞って・・・再度お塩を振って揉みます。

そして、二度目。 絞った赤紫蘇をビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存。


後は、梅酢が上がったところで、

梅の上にその赤紫蘇を広げて、真夏のチリチリとした太陽が照った日。

土用干し、三日三晩。058.gif072.gif   

美しい~赤梅干しの出来上がりとなります。049.gif


これまでの記録は・・・右のタグ。 『梅』 と 『赤紫蘇』 でご覧いただけます。

こちらで文中リンクをすると良いのですが、、手抜きでごめんなさいね。(^^ゞ

右と言えば・・・レンタルカウンター! 

姿を消して出てきませんね、、 ヲイ、出て来~~い 

by canape2 | 2009-06-17 21:27 | キッチン | Trackback | Comments(0)

アッチッチの写真ですが・・・

先日・・・干し上げて、瓶に仕舞った『梅干し』
今年は少し固い梅だったので、最後は夜露に当てて仕上げました。

ところが、やはり日毎に梅干しから、とろ~りとした梅酢が染み出てきて、

梅干しは、ふっくらとろ~~~り。

それはそれで良いのですが、やはり『梅干し』には・・・干した皺、、が無くては、、(^_^;)

という事で・・・8月3日に、再度日に干しました。


b0053765_16581312.jpg


透明で綺麗な梅酢は小さな瓶に入れ、

2時には干した梅も、瓶に仕舞って(太陽の熱が冷めるまで、蓋は取っておきました)

これから来年まで、大切に熟成保存させます。

シツコイようですが・・・私用~ 梅干し作りの記録です。(^_-)-☆

by canape2 | 2008-08-08 16:58 | キッチン | Trackback | Comments(0)

仕上がり上々の・・・梅干し~♪

22日から干し始めた梅干しですが・・・
こちらでは良くある強い風も吹かず、晴天続き058.gifの三日間でしたので、
柔らかで香りも良く、如何にも美味しそうな梅干しが出来上がりとなりました。♪


母が来年も元気で、この梅干しを食べてくれることを願って、

大事に・・・消毒をした瓶に、保存しました。

一年置くと、塩気が熟れて美味しくなります~


b0053765_1957367.jpg



本当に嫌になる位、気温が上がってきたと思えば、霧が出たり、

霧が上がったかと思えば・・・強風吹きまくり、、

全く持って、ヤキモキと気を揉む梅干し干し。 ですが・・・

今年は7月中に、仕上げることが出来て、それが何よりも、嬉しくて~053.gif


唯、今年は収穫期に、東風庵の出張の都合やら、空模様など、諸々を考えて・・・

少し早目の収穫になってしまったので、梅が少し固かった事もあって、

最後の仕上げは、夜露に当てゝ、翌日の早朝に仕舞っています。

なので・・ポッテリと柔らかな梅干しになってはいますが、

好みとしてはこれほど水分が無い方が好きなので、

1月ほど様子をみて、もう一度日に干しても良いかなとも考えています。


何時もは、湿りがちで中々パサッと乾燥してくれない赤紫蘇も、良い感じに。




b0053765_20235546.jpg



こちらは、もっとチリチリに乾燥させて、後はレンジで再度乾燥~

そうしたら、揉み、揉みして・・・『ゆかり』にするつもりです~ むふふ~っ



↓ 半干しの状態で、一枚一枚広げた赤紫蘇ですが~

これは、暇じゃなければ出来ませ~ん。 

だってこれだけするのに小一時間掛かっています。(^_^;)



b0053765_20243991.jpg



それを、クルクリと巻いた・・・『梅酢の赤紫蘇おむすび』♪



b0053765_20251423.jpg



夏バテで食欲のない時でも、パクパク!!! 太ってしまいそう~041.gif

巻き方・・・いい加減ですけれど、、(アセ、、)  いただくのは私ですから~ くくくっ 



心配していた・・・キジバトの雛を発見~ 

オチビちゃんで、下からは未だ良く見えませんが、

時折下を覗いて背伸びしています~ 可愛ゆ~い 037.gif

by canape2 | 2008-07-25 20:26 | キッチン | Trackback | Comments(0)